眠る街

はるか遠くのどこかに

眠りこけてしまった街がある

 

その街は古く 遠くの昔からある

街は栄え、いろんな人やものが出入りして、様々な文化が花ひらいた

著名な芸術家や科学者たちがあいし、すみついた

 

いつ頃からか、街はこつ然と眠りについた

一説によると、悪魔に魅せられた博士がし仕組んだことだとか、

あるいは中世の研究者たちの失敗で、街を黄金に変える代わりに眠らせてしまったのだとか、いろいろにいわれている。

その街には、天の時と地の時とをはかる、巨大な時計があり、たくさんの塔がそびえ立つという。

 

一匹の猿が、地下に眠っていた城の心臓を盗み出し、車輪をつけて乗り回す。

お猿はビショップのマネをして、十字架のついている白い背高帽と白い前掛け、金の杖を振りかざして、お城の心臓を乗り回す。

 

ひとたびお城の外に心臓が出てしまえば、城はたちまち崩れ去る。

(みんなだって、心臓をもっていて、それが自分の体の外にとびでたら、たちまち大変なことになるでしょう、それと同じことです。)

 

さあ大変。みんなお猿を追いかける。

白い衣と帽子を盗まれたビショップは、お猿よりも真っ赤になって追いかける。

だけどお猿は自由闊達。

木のイスも踏みつけて乗り越えるし、柱や壁だってかけ登れる。

上階のパイプオルガンの上を車輪で駆け抜けて、壮大なドレミファソラシド ドシラソファミレドを繰り返す。

パイプは、これまでこんな風にひかれたことなど一度もないと、興奮ぎみに煙を吐き出しよろんだ。

お猿が塔まで登ると、石の古い階段も、これまでタイヤで登られたことなど一度もないと、目をくらくらさせるように階段の波をくゆらせた。

ビショップや他の僧侶たちは、あとから階段をしかるようにふみつけて、もとの場所に落ち着かせた。

 

とうとう、塔のてっぺんにくると、大きな大きな鐘の列。

お猿は心臓を、その鐘のどこかに隠した。

取り戻したければ、鐘をついてご覧。

見事に鐘を打ち鳴らせば、心臓はきっと転げ落ちるさ。

もしかしたら、破裂してくだけるか、塔の下まで落ちっちまうかも知れないだけさ。

 

それでみんな困ってしまって、鐘をまったくならせなくなってしまいました。

 

わたしが思うに、この街が眠りこけているのは、このためなんだと思います。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中