チェコ・アルバトロス社 アニバーサリー授賞式の巻

今年、わたしの本もノミネートされていたと、実はFacebookで知りました。

アルバトロス社は、チェコの児童書出版の最大手の老舗出版社です。

2012年から、いろんな児童書の挿絵をてがけさせてもらっています。

今年も招待してもらったのに、参加もしないで何をしていたかと申しますと、

リノカット、色鉛筆

船、船、船 を作っていました。差し迫る展覧会の準備に集中です。

でもノミネートされていたのなら行けばよかったかしら、、とちょっと後悔の晩方です。

(招待状は頂きましたが、ノミネートのお知らせというのはサプライズ状態。)

受賞ではなかったのだから、もっといい挿絵、ひいては愛される絵本を作ること、

やっぱり腕を磨いて一冊一冊つくりあげてくことが、遠回りにみえて一番本来の道。

ということを、いつも思う私です。

2017.4.19

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中