Preparation for the coming exhibition in May ******憧れの南蛮屏風の巻

 

五月の作品展にかこつけて、どうしてもいつか作ってみたかった南蛮船にいざ着手。

南蛮屏風が昔からだいすきです。

小人みたいな外国船の船員たちや、和と洋がゆるやかに折衷していく港の入口。

文化と文化の出会いがしらには、きっとわくわくや、不安やいぶかしさや、好奇心を鼓舞する風がふいていたにちがいない。

かすてーらにてんぷーらがうまれたその来歴です。

黒と金のコントラストにぞくっとし、わくっとさせられる本物の屏風とはちがい、

わたしがつくる南蛮絵図は、「金箔ははりません」の1人宣言のもと、

黄色でどれだけ深みを出せるか?の探究のはじまりでもアリマス。

テーマは Pilgr-image 聖地へと巡る旅。

あわよくば、一冊の絵本に仕上げたいのです。あそびごころを契機にしまして。

 

2017.4.13

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中